古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

観音山古墳群

コレは墳丘ではなく、かの秀吉が本能寺の変の頃
PC190469.jpg
遠征先で築いた『高松城水攻めの跡』...つまり堰、土手です。

この裏山に観音山古墳群はあります。
秀吉勢の突貫工事のためさぞかし荒れてるかと思いきや それ程でもなく……
南西隅の持寳院を抜けて山道を登り始めるとすぐに墳丘。
PC190424s.jpg

道は墳丘の真上を通過...この調子で3つの墳丘を踏み越える
東西に延びる南側尾根に6基ほど同程度の墳丘はみられますが竪穴式みたいです

さらに北に延びる尾根上も墳丘は平らで開口部は見られず。
唯一横穴式がみられた小型の石室
PC190429s.jpg

幅は70cmほどで残存奥行きも1m弱
PC190426s.jpg

尾根を北の端まで進むと秀吉本陣への道があり脇に
PC190431s.jpg

札に何か書いてたようですがもう読めない

開口部は天井ほぼ中央で奥壁は見えます
PC190440.jpg
クリック縦画像@羨道方向...状況不明(^ ^ゞ

南側梺の墓地の裏にある 20m級の墳丘
PC190454s.jpg

残念ながら開口はこれまた天井
PC190455s.jpg

w=1.8m h=2mと大きな玄室
PC200007.jpg
クリック縦画像

奥壁側から外...正面はおそらく玄門まぐさ石。よって開口部は天井1枚が消失してるもよう
PC190462.jpg
クリック縦画像...少なくとも左には袖石が埋もれてるハズ

MapLink↓は最後の古墳の位置デス
■Point_Link by GoogleMap

同じ山にして東にある尾根は勝負谷古墳群なのですが、
これまた尾根には竪穴っぽいなだらかな墳丘が点在するのみ。
もちろん雑草、雑木の中で撮れません(汗)
某データに因ると、9mや8mの石室があるとのことなのですが・・・・
東側梺(外来椿栽培とかで警戒厳重)なのか、はたまた東隣の山の西斜面なのか?

古墳とは関係ないですが、水攻めの跡はもとより
当時秀吉がダムに浮かぶ孤島と化した高松城を眺めてた“秀吉本陣跡”とか、
顛末で切腹した相手側宗治の首を置いたとされる首塚とか、
なんだかわかんない太閤岩とか...秀吉フェチにはいいところかもしれません。
(↑味方の陣の大将を集めて作戦会議をやったとされる場所)
こんな山道を、しかも梅雨時に秀吉も登ったんやなぁ……と(笑)
  1. 2007/12/20(木) 21:45:45|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<龍王塚古墳 | ホーム | 宗形神社古墳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/84-b7d27336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク